2008年04月02日

道路特定財源

「ガソリン値下げ」を迎えた1日、国会は静まり返り、揮発油(ガソリン)税の暫定税率の存廃を巡って前日まで与野党が繰り広げた攻防の熱気は一気にしぼんだ。道路特定財源の修正協議の必要性を強くアピールしてきた自民党も、日付をまたいだ途端、目立つのは後ろ向きの発言ばかり。修正協議は当面、宙に浮きかねない事態となっている
(毎日新聞より引用)


ところが1日、党内の空気は一変した。自民党幹部の一人は「暫定税率が失効した以上は野党との話し合いなんかに一切応じない、というのもよい手なんじゃないか」とさばさばした表情で語った。古賀誠選対委員長、二階俊博総務会長らに代表される道路族を中心に修正に対する慎重論が依然根強い中で、自民党が民主党に修正協議を持ちかける意味が、失効によって薄れてしまったからだ。

 (中略)民主党も全体がまとまっているとは言い難い。いったん与野党の政調会長、国対委員長による政策協議に前向きな姿勢を示したものの、ポーズどまり。小沢一郎代表は「倒閣」モードに切り替えているが、党内には首相の新提案に理解する声もあり、修正協議に踏み込めば自民党ともども不協和音が浮き彫りになりかねないのが実情だ。(毎日新聞より引用)

面白いものを見つけました。少し前ですが3月27日のものです。福田内閣総理大臣記者会見[道路関連法案・税制の取り扱いについて

自民も民主もしっかり協議しあって道路特定財源見直し問題をどうするのか決めてほしいです。
民主も「倒閣」のための人気取りで石を投げ、投げっぱなしで次の人気取りをするのはやめてほしい。私の個人的な意見かもしれませんが私にはそのように見えます。


posted by わふわふ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。