2009年09月18日

お肉といえば思い出す

お肉といえば思い出す

新婚旅行で海外に行ったときにディナーで出てきた「ステーキ」

はっきり言って、一般的に人が喜ぶ「血が滴るようなお肉やミディアム」は問題外の私。

当然、ウェイターにも「ウェルダンで」と注文。

しかし出てきたものを切ると血がじわ〜

ぴーっもうやだ〜(悲しい顔)

ウェイターを呼んで

「申し訳ないけれど、もっと焼いて」と

片言の英語で注文。

ウェイターがお皿を下げて再び登場exclamation×2

「ありがとう」といって、

お肉にフォークを差すと再び

ちがじゅわーっ

だ・か・らバッド(下向き矢印)ふらふら

調理する側としてはもっと焼けというのは
肉が硬くなるし問題外なのかなー。
もしかして、さっきのをそのまま出したのか?
などと勘繰ってしまいます。



posted by わふわふ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。